マルクス主義は時代遅れか?むしろ現代では資本主義より最適

ひきこもりと日本社会

マルクス主義・共産主義は時代遅れというイメージがありますが、むしろ現代では資本主義・民主主義よりもずっと最適に近いシステムなのではないか?

ということを最近になって日に日に感じるようになりこの記事を書くことにしました。

ちなみ私は政治的には右派でも左派でもありません。そもそも政治に興味がないので選挙にすら何年も行っていないですし。他人の揚げ足取りばかりしヒステリックに不平不満を喚き散らすクソ野党クソマスゴミやアベガーパヨクは大嫌いです。

安倍元首相に関してはむしろどちらかと言えば擁護派的なスタンス(アベノミクスに関しては懐疑的でしたが、全体としては自民党以外に政権運営に相応しい政党がないという意見)でした。リベラル連中から見れば私はネトウヨにすら見えるでしょう。

しかし、そんな私でも冷静に考えれば考えるほど、現代ではあらゆる面で資本主義・民主主義よりも左翼と呼ばれるマルクス主義・共産主義の方が最適に近いシステムなのではないか、という結論に至らずにはいられない時代状況となってきました。

20世紀においては民主主義・資本主義こそが最適解だった

現代では資本主義・民主主義よりもマルクス主義・共産主義の方が最適に近い。

とはいえ20世紀においては民主主義・資本主義こそが最適解のシステムだったことは疑いようもありません。

マルクス・レーニン主義の理想を掲げた大国ソ連は崩壊し、毛沢東主義を推進した中国も一時崩壊寸前の状態となりました。

一方で繁栄を極めたアメリカなどの西側資本主義諸国。

この事実だけでも左翼主義者がどのように理屈を並べようが民主主義・資本主義こそが最適解のシステムであったことの証明に他なりません。

そしてソ連の崩壊と西側諸国の完全勝利によって、共産主義は完全に時代遅れの思想と見なされるようになりました。

1980年時点で当時はアメリカと双璧の大国と見なされていたソ連の崩壊を的確に予言していた小室直樹の「ソビエト帝国の崩壊」は最高の名著なのでおススメです。

時代状況によって最適なシステムは変遷していく

ただ、考えなければいけないことは、過去の歴史を振り返っても時代状況によって最適なシステムは変遷していくということです。

民主主義は17世紀18世紀の近代ヨーロッパで発明された概念ではなく、古代ギリシャの時代から存在していた制度でした。

もしも民主主義が絶対的な正解なのであれば、古代ギリシャが滅び君主制のローマ帝国やオスマン帝国に支配され続けることもなかったでしょうし、初期は共和制だったローマが帝政へと変わることもなかったでしょう。

ローマ共和政
世界史の窓 appendix 用語とヒント
ローマ帝国
世界史の窓 appendix 用語とヒント

民主制は一方では衆愚政治の温床でもあり、これによって古代ギリシャは衰退と滅亡へと向かって行くことになりました。

衆愚政治 - Wikipedia

過激な発言のトランプ大統領の当選などを見るに、アメリカも末期の古代ギリシャと同様に民主制が腐敗し、衆愚政治、そして国家分裂へと向かっている段階ではないでしょうか。

トランプに票を入れる衆愚たちのデモクラシー 米若手学者の衝撃の一冊、「賢人統治主義の勧め」 | JBpress (ジェイビープレス)
トランプ現象を「デモクラティック・トランパリズム」(Democratic Trumpalism=トランプ的愚民主義)と命名した新進気鋭の米若手政治学者がいる。同氏は現在ジョージワシン(1/4)

実際、以下の動画で解説されているように、今世紀に入って民主主義の成長パフォーマンスが明確に劣後しているという統計データも示されています。

このようにある時代においては元も優れていたシステムも、未来永劫まで常に正しいシステムである保証はありません。

この世界では時代が変われば正解は変わります。

資本主義も共産主義でもそれを常に正しい絶対不変の真理だと盲信すると一種のカルト思想になってしまうのです。

快適に生きる道具にすぎない資本主義がカルト宗教化する日本
快適に生きる道具にすぎない資本主義がカルト宗教化しているのが日本という国の実態です。 オウム真理教や統一教会のようなカルト宗教を毛嫌いするのであれば、まずは自分の資本主義カルトや拝金教カルトの洗脳を解きましょう。 そもそもお金や資本主義は快...

20世紀において資本主義が最適なシステムだった理由

ではそもそもなぜ20世紀において資本主義が勝利し共産主義が敗北したのか。

このことは20世紀という時代の歴史的観点と共に考察しなければいけない事象でしょう。

破綻の第一の理由として当時のソ連や中国の共産主義体制が余りにも稚拙だったということは言えます。

古代ギリシャやローマの共和制から2000年以上の長い歴史のある民主主義や18世紀の産業革命と共に誕生し200年の歴史のあった資本主義と比較し、20世紀の共産主義システムは1922年の体制確立から100年すらも経っていない未熟なものでした。

資本主義/資本主義社会
世界史の窓 appendix 用語とヒント

歴史が浅く全てが手探りであったためイデオロギーそのもの以前に運営が粗削りで杜撰で稚拙だから失敗したということです。

破綻の第二の理由として当時の社会の技術水準が非常に低かったということが言えます。

20世紀当時の社会は現在ほどは技術水準が高くなく、農業・工業などの生産活動や流通の自動化が進んでいませんでした。

特にロシアは19世紀後半時点でイリヤ・レーピンの絵画「ヴォルガの船曳き」で描かれたような原始的な人間の肉体労働に依存した社会でした。

ヴォルガの船曳き - Wikipedia

その結果、「賃金という対価のために労働する資本主義の原則」を否定した共産主義国のソ連は、シベリア抑留などによって過酷な強制労働を人民に課さなければ国民の生活を維持することが出来なかったのです。

シベリア抑留 - Wikipedia

このような矛盾を抱えた共産主義は崩壊し、急速な発展と成長を遂げた西側資本主義諸国に圧倒的な大差で敗北する結果に終わりました。

21世紀では共産主義が最適なシステムとなる理由

しかし時代は変わり、21世紀においては共産主義こそが最適な社会システムとなりつつあります。

20世紀は未熟で杜撰であった共産主義も100年以上の年月によって初期と比較すれば非常に洗練されたものとなりました。

その証拠に21世紀に入って最も経済成長している国家はいずれも中国・ベトナムなどの共産主義国(共産党独裁国)です。

特に21世紀の中国の経済成長は圧巻で、2000年からの20年間で中国のGDPは15倍にも急拡大し、西側資本主義国にも関わらず経済の停滞する日本などを抜き去り、世界第二位の経済大国となりました。

日本と韓国、中国、インドのGDPを半世紀にわたり比較してみたら、日本の意外な実情が見えてきた|FINDERS
FINDERS(ファインダーズ)は、広告業界などで働くビジネスパーソン、未来を担う次世代のリーダーに、⽇々の課題解決のヒントやクリエイティブな発想を⽣むきっかけとなるニュースやコラムをお届けしています。
成長しない日本のGDP、停滞の20年で米国は日本の4倍、中国は3倍の規模に
苦境が目立つ日本経済の中で、中小製造業はどのような役割を果たすのか――。「ファクト」を基に、中小製造業の生きる道を探す本連載。第2回では、GDP推移から見た日本経済の停滞について解説します。

「中国のGDPが大嘘だ」という話もありますが、貿易相手国側との統計と照らし合わせが可能で絶対に誤魔化しようのない輸出額でも急成長し世界一位となっておりますので、中国の経済発展は疑いようがありません。

第1章 第3節 中国輸出の高付加価値化 : 世界経済の潮流 2018年 II - 内閣府
内閣府公表の「世界経済の潮流2018年 II 中国輸出の高度化と米中貿易摩擦」を掲載。

深圳や上海の高層ビル街を見ればかつての「後進的な貧しい中国」が過去のものとなったことは明白でしょう。

またコロナ禍で世界経済が減退している現在でも共産主義国のベトナムは経済成長を持続しており、2022年第2四半期(4~6月)の実質GDPも前年比で年7%以上の経済成長となっています。

第2四半期GDP成長率、前年同期比7.72%(ベトナム) | ビジネス短信 ―ジェトロの海外ニュース

これは国家運営の基本は共産主義独裁体制でありながら、改革開放政策・ドイモイ政策などで資本主義的な要素を取り込むことで、よりバランスのとれた洗練された社会運営が可能となっているからです。

ドイモイ - Wikipedia

そして21世紀においては共産主義が合理的になった最大の理由は、ロボットと人工知能の普及による生産と流通の自動化によって、人間が労働をすることなく市民の生活を維持することが可能になってきていることです。

Amazonは2020年にドローン配達の認可を取得し、以下の映像のように完全無人で宅配が完了できるシステムを間もなく実現化しようとしています。

アマゾンがドローン宅配の認可取得、さっそく試験サービス(小久保重信) - エキスパート - Yahoo!ニュース
米アマゾン・ドット・コムが米連邦航空局(FAA)から、ドローン(無人機)を使った配送サービス「Prime Air(プライムエアー)」に必要な認可を受けたと、米ウォール・ストリート・ジャーナルや米CN

農業では過去10年でロボットや食物工場による自動化が劇的に進展。人間が農作業をせずに食料を生産できるシステムは現実的なものとなっています。

製造業においても生産自動化の技術は進展しており、今や複雑な機構のスーパーカーですらもコンピューター制御の3Dプリンターで製造可能になっています。自動車の組み立てや電子製品の製造に派遣ライン工の過酷な肉体労働を必要とする時代ではなくなりつつあります。

大工さんが建築している住宅も技術的にはすでに3Dプリンターで製造可能になっており、これが普及することで将来的には300万円で30坪の一戸建てを購入可能になる見通しです。

3Dプリンター住宅、日本の課題と最新事例を紹介 – ShareLab NEWS
この記事では、3Dプリンターを使った日本での建築事例を紹介する。世界で3Dプリント住居の建築が相次ぐなか、日本の状況はどうなのか。日本が抱える課題に触れながら紹介していく。

絵画「ヴォルガの船曳き」で描かれたような時代は完全に過去の話であり、人間の代わりにロボットと人工知能に働いてもらうことで、誰にも過酷な強制労働などを課さなくとも共産主義の理想を実現可能な時代となりつつあるのです。

また、計画経済・管理社会を前提とする共産主義を推進するためには官僚機能・権限の肥大化は不可避であり、そのために官僚が腐敗し国家が衰退するというのが共産国家の崩壊パターンでした。

このことは1980年にソ連の崩壊を予言した小室直樹の「ソビエト帝国の崩壊」でも指摘された共産主義の致命的欠陥でした。

しかし、AI(人工知能)とテクノロジーが発展した現代では、官僚ではなくコンピューターやロボットによって経済・社会を管理することが技術的に可能となっており、官僚の肥大化と腐敗を回避しながら共産主義の理想を推進できるようになりました。

中国では市民の信用スコアを計測する芝麻信用(ジーマ信用・セサミクレジット)と国中に張り巡らされた監視カメラ網「天網」によって、名作アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」でシビュラシステムとして描かれた完全管理社会がすでに完全に実現化されています。

【考察】「サイコパス PSYCHO-PASS」と中国の監視社会の繋がり | 週末作戦会議室
アニメ「サイコパス PSYCHO-PASS」の考察記事です。といっても物語における伏線の考察ではありません。シビュラシステムに近い管理形態が、中国では実行されつつある…という話について、書いています。
日本でも始まった「信用」の数値化、先行する中国の取り組みと課題 | IoT NEWS
人工知能(AI)はビッグデータのような膨大なデータを正確かつ高速に処理することが得意だ。 ビッグデー…
中国政府は国民を監視するため大量の顔認識カメラを導入したりDNAデータベースを構築したりしていると入札文書から発覚
中国はテクノロジーを利用して国民を監視するシステムを洗練させており、これまでには一般市民が隣人を監視できるシステムや、外国人ジャーナリストや留学生をターゲットにした監視システムなどが構築されつつあります。そんな中国の国民監視テクノロジーにつ...
中国の「全てを監視するシステム」はAIによってどのような進化を遂げるのか?
円形に配置した監房の中央に監視塔を置くことで、囚人からは看守も他の囚人も見えず、監視塔の看守のみが囚人全員を監視できるシステム、パノプティコンは「全展望監視システム」とも呼ばれています。中国において、政府があらゆる場所であらゆる角度から全市...

コロナ下で市民の外出規制を監視する犬型ロボット。これにドミネーターのようなものを搭載すれば完全に市民生活を統制可能でしょう。

携帯型心理診断鎮圧執行システム
PSYCHO-PASS サイコパスに登場する特殊拳銃。別称は「ドミネーター」。

このように最先端のテクノロジーによって共産主義社会のユートピア(見方を変えればディストピア)が本当に実現可能になったのが現代なのです。

時代遅れと決めつけずにマルクス主義を再考すべき現代

このように現代は時代が一周回って、時代遅れだったはずの共産主義やマルクス・レーニン主義が逆に資本主義よりも優位で最適な時代となりつつあります。

自分の考えとしては、住宅・食料・衣料・水道・エネルギーなどの人が最低限生きていくために必要な生活必需品とその流通・運輸・維持管理は、貨幣に依存しない共産主義的な配給システム(お金ではなく物資を支給するベーシックインカム制度)で賄う。

そして、芸術・文化・旅行・スポーツ・芸能・趣味・エンタメなどの余暇や趣味レジャー的な分野では消費者が価値と市場価格を決める資本主義の原理原則で運用するのが最適だと考えています。

とにもかくにもテクノロジーの発展と社会の現状から、今後世界では共産主義が資本主義を凌駕することはおそらく間違いありません。

マルクス主義は時代遅れだと決めつけずに、以下のような入門書を読んで共産主義の原点であるマルクス主義を再考してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました